読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KEEP ON TRUCKIN'

遡ればソーシャルメディアがここまで普及するずっと前、インターネットとリアルは今ほど地続きではなく、ともすれば身バレに繋がる(トラックの幌から切り出した唯一無二のバッグである)自身のフライターグの情報をインターネット上に公開することが少し憚られるような、そんな時代がありました。

そんな時代背景においても、発信することを躊躇しないインフルエンサー達に感化されてか、自分自身もごく自然にフライターグの情報を公開するようになっていきました。誰が見ているかもわからない、インターネット上のほんの片隅で。

「FU」と名乗る匿名の人物から自分の当時のブログに突然コメントがついたのはちょうどそんな頃で、そしてそれがFREITAG UNCLE(=金曜叔父)の頭文字であることに気づくのにあまり時間はかかりませんでした。

あなたの突然の訃報を受けてから1年。インターネットにはしっかりとログは残っていますから、ついさっきまで当時の足跡を見つけては振り返ったり懐かしんだりしていたところです。

そうそう、10年越しの夢(?)が叶って、最近になってようやくFREITAG retour時代のヴィンテージが手に入ったんですよ。滅多に表情を崩すことがなかったあなたにもお見せしたかった。

I miss you uncle. and keep on truckin' with you!

Asics Tiger GEL-LYTE V

2017年春夏コレクションのGEL-LYTE Vは配色が素敵だったので購入。これは下ろしてからもう3ヶ月くらい経ちますが。

f:id:ftsff:20170506125540j:image

去年の夏に買ったGT-COOL XPRESSがこれと同じモノソック構造のライナーであまりに履きやすかったので違うモデルでリピートしましたがこちらの履き心地(クッショニング)もなかなか。

ただGT-COOL XPRESSもそうだったんですがネオプレンっぽいライナー素材の耐摩耗性に少々難ありなのでその点だけが気になっています。

Common Projectsみたいなラグジュアリー寄りのスニーカーを好んで履いていた時期もありましたが、歩いていて楽なスニーカーを一度覚えてしまうと味をしめてしまうものですね。

いい加減いい歳なのでラクなほうラクなほうへと流れてしまいがちです。

New Balance M996 Made in U.S.A.

それまで主に履いていた(通勤も私服なので基本的にほぼ毎日スニーカーです)Asics Tiger(これは少し感動するくらい履きやすかった!)を履き潰す寸前まで使い倒したので、その次のスニーカーも履きやすさを重視して「だったら久しぶりにニューバランスにしようかな」とは漠然と考えていました。

考えうる限りの選択肢をズラッと並べて、最終的に購入したのはM996のネイビー。Made in U.S.A.。

f:id:ftsff:20170506124434j:image

定番過ぎて冒険が足りないとは思いましたがこれはこれでよし。ネイビーのスニーカーはモノトーン主体のコーディネートにも使えたりもするし、一足持ってると何かと勝手がいいんですよね。

Made in U.S.A.に特にこだわりがあるわけではないんですが、実物を改めて見るとやっぱりどこか違うんですよね、佇まいというか。

ボロボロになるまで履き潰したら、またこちらでインプレッションしたいとおもいます。

Stussy Livin' GENERAL STORE × MEGANEROCK

少し前の話になりますが、1月末頃にそれまでかけていた眼鏡のクリングス(フレームとノーズパッドをつなぐ金具)が突然折れてしまい、考えた末その日のうちに眼鏡を買い替える決断をしました。

恥ずかしい限りですが、こういう時のためのスペアの眼鏡を持っていなかったのです。

ただ、欲しいフレームの"あたり"をそれとなくつけていたので、幸いあまり悩むことなく、すぐに店舗に電話して在庫の確認をし、その日のうちにレンズの手配もして、手元にやって来たのが写真のものです。

Stussy Livin' GENARAL STORE(以下SLGS)とMEGANEROCKのコラボレーション。カラーはべっ甲と迷いましたが使い回しを考えてグレーのクリアフレームにしました。

SLGSはキュレーションが素晴らしくて、これ以外にも欲しいものがたくさんあります。

f:id:ftsff:20170402203615j:image

そしてこれはつい先日の話ですが、去る3月28日に伯父が逝去し、通夜・告別式がそれぞれ31日、1日に執り行われました。

火葬の際に、遺骨とともに伯父が生前愛用していた眼鏡が納められるのを見て、眼鏡とは使う人にとってそういう位置づけにあるものだということを改めて感じました。

だからこそ、本来ならゆっくり時間をかけて、納得がいくものを選んでおきたいですよね。

とはいえ、好きな形でカーブも柔らかくてかけやすく格好良い今の眼鏡は、今のところとても気に入っています。

改めて、はじめまして

はじめまして。
 
ブログを書くのは何時ぶりだろうか、と思い出せないくらい遠ざかっていましたが、個人的に使える時間に多少は余裕が持てている今のタイミングで、場所を改めてこちらで再開することにしました。
 
こっそりツイッターのプロフィールのリンクを貼り直しておいたので、もしかしたらそこから辿ってくる方がいらっしゃるかもしれません。
 
再開しようと思い至ったきっかけはいくつかありますが、なるべくソーシャルな要素が少ない場所で、自分なりにきちんと推敲した文章とその時々の写真を残しておきたくなったことが一番かもしれません。
 
枕が少し長くなりましたが、つまりはSNSに疲れ果てた人間が一周回ってまた元の場所に戻ってきたような感じです。
 
偶然このページを開いてくれたあなたや、あるいは旧知の間柄でもあるあなたに、ほんの少しでも印象に残るような記事が書けますように。
改めて、こちらでも宜しくお願いいたします。
 
画像は先日飲みにいった帰りの3ショット。
FREITAGというブランド(もはや説明不要ですよね?)のF52 MIAMI VICEというシンプルなトートバッグ。
FREITAG(ファンダメンタルライン)の各モデルには創業者のフライターグ兄弟が影響を受けたTVドラマシリーズやその登場人物がネーミングされています。勿論マイアミ・ヴァイスも例に漏れず。
 
かつてのFREITAGがアップサイクルの先駆けとして注目され、そのコピー商品が巷に溢れ返る事態になった際に、ミグロスというスイスの小売店のショッピングバッグをコピーし返して自社の商品にしてしまったというユニークなエピソードはあまりに有名(?)です。

f:id:ftsff:20170322164522j:plain