F31 KNIGHT RIDER

思い返せば2008年と2009年の境目あたり(だったかな?うろ覚え)、国内の自転車界隈がにわかに活気づいてるタイミングで、突然ディスコンのアナウンスが流れたフライターグのF31 KNIGHT RIDER。

このユニークな形状はそもそも自転車のフレームに取り付けられるようにデザインされたもので、実は1994年(創業は1993年)から生産されていたという非常に歴史があるモデルなんですよね。

発売後、細かい仕様修正を繰り返しつつ生産終了し、入手するチャンスは残された店頭在庫のみという状況に落胆していた頃、まさかの日本国内のみのエクスクルーシブ販売(生産再開)という形となり、直営店以外の取扱店でしばらくの間入手が可能でしたが現在は完全に生産中止となり、入手はかなり難しい状況です。

最近愛用しているのはディスコンのアナウンスが流れたタイミングでオンラインストアに残された最後の在庫の中から滑り込み購入した品物です。

f:id:ftsff:20170626142156j:image

フライターグにおける黒い単色はその人気から需要と供給のバランスが取れておらず、未だにレアピース扱いされているのが現状です。

自分自身は黒い単色を使うことは最近あまりなかったのですが(どちらかと言えば個性的な柄が入っているほうがフライターグらしくて好き)一周回ってまた格好いいなと思うようになり、荷物の少ないときなんかは使っていてすごく楽しいバッグです。

背負うと体に巻き付くようにフィットするので日々のアクティビティのお供にしていらっしゃる方も多いみたいです。

現在不定期で銀座と渋谷の直営店のみで開催されているラリティーズ(=ラリターテン、ディスコンモデルや検品などで弾かれたB品を特別価格で販売)で稀にKNIGHT RIDERが並んでいることもあります。あと、もしかしたら辺境のF取扱店にまだ少量の在庫があるかもしれませんがこれは自分で確かめたわけではないのでたしかなことは言えません。

自分も最低あともうひとつは欲しいなあと思っているところなので、もしネットオークションなどで入札合戦になった場合はどうぞお手柔らかにお願いいたします。笑